すべての人に、食べ物を。

2HJ熊本プロジェクトとは

  • HOME »
  • 2HJ熊本プロジェクトとは

セカンドハーベスト・ジャパン(略称2HJ)は、フードバンクかごしまを通じた熊本県庁からの支援要請を受け、本震が発生した4月16日に災害備蓄食品を中心とした支援物資を積んだ4トントラックで東京を出発し、4月17日に現地入りして支援活動を開始しました。当初県の要請に応じて各市町村への物資の提供や支援物資の運搬に従事しましたが、震災の被害の大きさ、公的な救援活動だけでは被災者に十分な支援が行き届かない状況から、長期的な支援が必要と判断し2HJ熊本プロジェクトが立ち上がり2016年末まで現地で活動していくことが決まりました。

指定避難所にはある程度物資が行き渡り、被災各地で今すぐに食べるものに困るという状況がほぼ収束してきた後は、公的な支援が行き届かない方々の支援のために、県外の被災地支援団体、地元のNPO・自治組織などと連携し、被害の大きい地域の自宅避難者や車中避難者、自主的に避難者を受け入れている福祉施設、被災した方を対象とした炊き出しなどに食品や生活用品を提供しています。今後はより長期的な視点で今回の震災で生活困窮に陥りかねない方々を直接支援していく予定です。

表示言語 / Select Laungage

  • 日本語
  • English
PAGETOP